ブブー債務整理

人気記事ランキング

ホーム > 血糖値 > 血糖値上昇の負の循環を避ける

血糖値上昇の負の循環を避ける

糖尿病の発症は、体にとって最適な量を大幅に超えた食事をとった結果、腎臓が処理能力の限界に達したということです。

 

 

 

そのため、糖尿病を治癒させるには、悪い食生活(食生活によって、健康状態が大きく変化するでしょう)を見直し、毎日正しい食習慣を身につけなくてはいけません。

ビタミン、ミネラルなどの栄養を考慮した食事は最低限必要ですが摂取カロリーを調べることも必要です。ダイエットをしている時こそ、大豆製品・肉や魚などのタンパク質をしっかり摂る、必要な栄養がしっかりと含まれている食事が重要です。

 

また野菜やキノコなどの食物繊維の多い食品は糖質の吸収を抑えるといった効果があります。

 

 

さらにショウガ・とうがらし・にんにくなどは新陳代謝を促して、ひとたびついてしまった脂肪の燃焼を強化します。若い人は体をよく使い新陳代謝も活発なので高カロリーのものをいつも食べていたとしても消費しつくせます。

 

ところが味の好みはいくつになっても変わらないため中年になっても同じような好みで食事をつづけていると、肥満と連動して糖尿病を発症することが起こります。

 

いつもの暮らしを活動的にすると糖尿病が改善・予防されることに期待を持つことができます。10分間だけでも体を動かして運動を心がけましょう。

 

わずか10分という少ない時間ですが、1日で数セットすると軽視できない時間になるはずです。

他にもエレベーターは使わないで階段で行く、近くの買い物では車を使わないようにして、ちょっと多めに歩くことで効果が上がります。

 

インスリンが多量に出つづけると食欲が増幅され、脂肪の合成が高まり、その吸収を促したり、さらに脂肪組織に溜まった脂肪が分解しづらくなるなど、脂肪を頑固に貯めてしまいます。なぜなら一度インスリンが過剰になるとさらに過度な食欲や肥満が急速に進みます。

 

血糖値も上昇しやすくなる悪循環を繰り返します。重篤な合併症を糖尿病で起こした場合、寿命を縮めてしまうこともありますが、早期に見つけて血糖値をきちんとコントロール出来れば、日常生活が困難になるとは限りません。

ですので、糖尿病予備軍かもしれないと気になっている人は、日々の体調を糖尿病にみられる症状と照らし合わせて確認をしていると、早い時期に発見をすることができますのでオススメします。治療法の一つであるインスリン注射は膵臓がダメージを受けたことで、インスリンが正しく分泌されなくなり、体外から注入することで血糖値のコントロールを目的としています。でも血糖が改善されると、膵臓がインスリンを分泌しやすくなるので、注射の量や回数を減らしたり、内服薬(飲み薬のことをいいます。

 

一緒に飲むものや食べるものによっては、体に良くない影響を与えてしまうこともあるので注意が必要です)だけの治療も不可能ではありません。

 

糖尿病は遺伝と関連しているとして知られていますが発症する原因は他にもあります。

 

日々の生活習慣が糖尿病のなりやすさを決めるという実例も多くあります。具体的に言えば、濃い味が好きな人は、同じ量しか食べていなくてもエネルギーが過剰になりがちです。

 

毎日の食習慣が問題になるはずです。脂肪肝の怖いところは、心臓病である狭心症や心筋梗塞、また脳梗塞などの血管系の疾病を招く可能性があるからです。脂肪肝の一番の原因は、カロリーの摂りすぎや運動不足があります。

 

暴飲暴食などで肝臓にコレステロールや中性脂肪が蓄積されていきます。

 

 

 

特に30代~40代の層に脂肪肝になる人が増えており、2倍以上の増加が過去10年で確認されています。

糖尿病腎症にかかると腎臓で尿を作る働きが低下してしまい、人工透析をしないと老廃物であったり不要物を体外に自力で排出できないことで、寿命を短くしてしまいます。

そのため、糖尿病腎症になった際には、概ね隔日ペースで医療機関で人工透析を受けるという生活をつづけることが強いられるので、日常生活に大変な支障がでることになるはずです。オリゴ糖は血糖値を上げにくく糖質制限に役立つ