ブブー債務整理

人気記事ランキング

ホーム > > 雇用契約の印鑑の種類とは

雇用契約の印鑑の種類とは

雇用契約書とは会社と労働者の労働内容に関する契約書です。そのため、双方の同意と印鑑が必要となります。契約完了後は効力の発生する書類のため、印鑑は認印ではなく実印を使用するようにしましょう。 万が一認印で捺印し、後にトラブルに発展してしまった場合本当に本人が捺印したか証明することが出来ないため、会社側は必ず実印を用意するように労働者に伝えることが大切です。 会社と労働者のトラブルを避けるためにも、印鑑の種類に気を付けることも重要です。

雇用契約書のテンプレート販売